ベリーダンス衣装の検針

ところで皆さんは、オリエンタル衣装を購入して、着用した時に、チクっとすると思ったら待ち針が!
という経験はありませんか?

以前は、bachataで販売した衣装にも、同じことがありました。

お客さまからの声もあり、検査したところ、多い場合には、1着から5本以上の針が出てくることもありました。

当時ご購入いただいて、もしご不快な思いをされていましたら、心よりお詫びいたします。

今ではbachataに入荷した衣装は必ず、金属探知機をかけるようにしています。

物によっては金属探知機の反応の仕方が微妙、、だったりとなかなか探し出せない場合もありますが、可能な限り針を取り除いています。

せっかくのステージで着る衣装に針が仕込まれている、、なんて考えたくもないですよね。

 

現地に行かれたことのある方はわかるかと思いますが、日本のような品質管理が徹底されるような土壌がなく、

環境も整っていません。

そもそも、検針器の存在も、検針するという発想もないのではないかと思ってしまいます。

今でも、エジプトに行った時などに衣装を直接購入したり、大量販売しているところから購入する場合などには、

針がそのまま残っている可能性が高いため、ご注意くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です