ハリージドレスの丈の見かた

ハリージドレスは、ちょっと不思議な形をしています。

ざっくりと言うと、長方形の布を前後に2枚あわせて両サイドを縫い合わせ、前側に頭を通す穴があいている、という、単純な作りです。

ということは、実際に着用した時に、首を通す穴がやや後ろにずれることになりますので、平置きの状態よりも必然的に前側の丈が短くなり、後ろの丈が長くなるのです。

当然、肩の位置も後ろ側にずれてしまいます。

このような構造になっているため(エジプトのものは)、着用した状態で、前後で同じ丈になるように詰めるのは、構造的に歪みが出てしまうので、後ろは引きずった状態になるもの、と考えた方がよいと思います。

前側も、腕を横~斜め上に上げた状態で足が出ないくらいの長さがあると良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です