Hoydaのブラが難しい件 ☆綺麗に盛るために☆

Hoydaのブラが難しい件
☆綺麗に盛るために☆

Hoyda衣装のブラの形はやや特徴があるため、着用が難しいとのご意見がありました。

胸が押しつぶされたようになってしまう、ということで、実際にスタッフ間でも試してみたところ、お胸のサイズに関わらず、押しつぶされるような形になってしまいがち・・・。

ですが、パッドの入れ方を工夫することで、綺麗に盛ることができようになりました!

通常は、↓のようにブラ内側の下の方にパッドやスポンジを入れることが多いですが

Hoydaのブラには↓のように上側の方にパッドを詰めることで、ブラのフチからお胸への切り替わりのラインがスムーズな形になるように、整えやすくなります。

ぜひお試しください!

ちなみに、利用するパッドは市販のレモンパッドを使ったり、裏地の裏側にワタやスポンジをしこむようにしても良いですが、下記のようなパッドを自作して用意しておくと、形も自在に変えられてとても便利です。こちらもぜひぜひご参考になさってくださいね!

パッドの作り方はこちら↓↓!!
超かんたん!ブラパッドの作り方♪

超かんたん!ブラパッドの作り方♪

超かんたん!ブラパッドの作り方♪

衣装のブラの内側に詰めるパッドは、市販のレモンパッドなどでもよいですが、↓のようなパッドを用意しておくと、形も自在に変形できてとても便利です。

作り方は超簡単!!

◆用意するもの:
ストッキング(100均のもので充分です)
ポリエステル系手芸綿(こちらも100均にもあるようです)

◆作り方
1.ストッキングを適度な長さにカットします。

2.カットした片方を結びます。

3.綿を適量詰めます。

4.詰めたらもう片方も結んで出来上がり!

5.形がムニムニ変えられるので、ブラの形にあわせて変形させて使えます!

1本のストッキングから4-6個くらい作れますので、作りおきしておくと何かと便利です。
長めのものや短めなものを作っておくのもよいですね~!

ぜひぜひご活用ください☆

Mamdouhの商品を購入する前に

正直に言いますと・・・

Mamdouhの商品は、エジプトの衣装ブランドの中でも、縫製やストーンの接着などがかなり雑です。

生地に汚れがついていることもしょっちゅう・・・と言うより、必ずと言っていいほど汚れやシミなどがあります。

bachataで検品はもちろんしていますが、これらを日本人の感覚でチェックしてゆくと、販売できるものがなくなってしまうのも事実です。

こういった情報は、実はベリー業界ではご存知の方が多いため、それでもMamdouhのデザインが好き!という方だけが購入される場合がほとんどです。

なぜそんな作りの衣装でもファンが多いのかと言えば、Mamdouhaのデザインセンスや計算されたシルエットの美しさが、数ある衣装ブランドの中でも際立っているからではないでしょうか。

近くで見ると、ここがほつれてる、ストーンがぽろぽろ落ちる、ファスナーの滑りが悪い、、、などなどきりがありませんが、それを補って余りある魅力が、Mamdouhの商品には確かにあります。

ご購入を考えている方は、ぜひこれらを理解した上で、改めてご検討くださるようお願いいたします。

もしご心配な場合には、Mamdouhの取り扱いがあるお近くのショップで、実際に手にとって、確かめてみてください。

近くで見ると雑さが目立ってしまいますが、実際に着用してみるとステージ映えは抜群ですよ!

シルクベール、ファンベールのシワの取り方

ベールやファンベールなど、シルク製品はとにかくシワがつきやすいもの。

かといって、シワや折り目がついたままで踊るのは、ちょっと見栄えがよくないかも?と思いますよね。

個人的には見ていて微笑ましくもあり、許容範囲ではありますが、シワを綺麗にとった時のベールの美しさはやっぱり全然違います。

一番表面つやつやになるのはアイロンがけですが、

面倒な方には、霧吹き&自然乾燥もお勧めです♪

特にファンベは楽!広げたファンベに全体的に霧吹きをした後、バタバタとあおぐとすぐに乾いて大きなシワはとれてしまいます。

ショーの当日でも大丈夫♪

ベールは面積が大きいのでちょっと扱いが大変ですが、広げる場所があれば、同じく霧吹きをしたあと、フワフワさせていると割と早く乾きます。

ショーの前夜などでしたら余裕で乾きます。ぜひお試しください♪