Hoydaのブラが難しい件 ☆綺麗に盛るために☆

Hoydaのブラが難しい件
☆綺麗に盛るために☆

Hoyda衣装のブラの形はやや特徴があるため、着用が難しいとのご意見がありました。

胸が押しつぶされたようになってしまう、ということで、実際にスタッフ間でも試してみたところ、お胸のサイズに関わらず、押しつぶされるような形になってしまいがち・・・。

ですが、パッドの入れ方を工夫することで、綺麗に盛ることができようになりました!

通常は、↓のようにブラ内側の下の方にパッドやスポンジを入れることが多いですが

Hoydaのブラには↓のように上側の方にパッドを詰めることで、ブラのフチからお胸への切り替わりのラインがスムーズな形になるように、整えやすくなります。

ぜひお試しください!

ちなみに、利用するパッドは市販のレモンパッドを使ったり、裏地の裏側にワタやスポンジをしこむようにしても良いですが、下記のようなパッドを自作して用意しておくと、形も自在に変えられてとても便利です。こちらもぜひぜひご参考になさってくださいね!

パッドの作り方はこちら↓↓!!
超かんたん!ブラパッドの作り方♪

超かんたん!ブラパッドの作り方♪

超かんたん!ブラパッドの作り方♪

衣装のブラの内側に詰めるパッドは、市販のレモンパッドなどでもよいですが、↓のようなパッドを用意しておくと、形も自在に変形できてとても便利です。

作り方は超簡単!!

◆用意するもの:
ストッキング(100均のもので充分です)
ポリエステル系手芸綿(こちらも100均にもあるようです)

◆作り方
1.ストッキングを適度な長さにカットします。

2.カットした片方を結びます。

3.綿を適量詰めます。

4.詰めたらもう片方も結んで出来上がり!

5.形がムニムニ変えられるので、ブラの形にあわせて変形させて使えます!

1本のストッキングから4-6個くらい作れますので、作りおきしておくと何かと便利です。
長めのものや短めなものを作っておくのもよいですね~!

ぜひぜひご活用ください☆

シルクベール、ファンベールのシワの取り方

ベールやファンベールなど、シルク製品はとにかくシワがつきやすいもの。

かといって、シワや折り目がついたままで踊るのは、ちょっと見栄えがよくないかも?と思いますよね。

個人的には見ていて微笑ましくもあり、許容範囲ではありますが、シワを綺麗にとった時のベールの美しさはやっぱり全然違います。

一番表面つやつやになるのはアイロンがけですが、

面倒な方には、霧吹き&自然乾燥もお勧めです♪

特にファンベは楽!広げたファンベに全体的に霧吹きをした後、バタバタとあおぐとすぐに乾いて大きなシワはとれてしまいます。

ショーの当日でも大丈夫♪

ベールは面積が大きいのでちょっと扱いが大変ですが、広げる場所があれば、同じく霧吹きをしたあと、フワフワさせていると割と早く乾きます。

ショーの前夜などでしたら余裕で乾きます。ぜひお試しください♪

衣装に待ち針たくさん刺さってます(><)

ところでここをご覧の皆さんは、オリエンタル衣装を購入して、着用した時に、チクっとすると思ったら待ち針が! という経験はありませんか?

以前は、bachataで販売した衣装にも、同じことがありました。

お客さまからの声もあり、検査したところ、多い場合には、1着から5本以上の針が出てくることもありました。

当時ご購入いただいて、もしご不快な思いをされていましたら、心よりお詫びいたします。

今ではbachataに入荷した衣装は必ず、金属探知機をかけるようにしています。

物によっては金属探知機の反応の仕方が微妙、、だったりとなかなか探し出せない場合もありますが、可能な限り針を取り除いています。
※構造上、どうしても取り出せないもの、着用しても問題ないと判断できるものについては、ままれに残してある場合もございます。あらかじめご了承ください。

せっかくのステージで着る衣装に針が仕込まれている、、なんて考えたくもないですよね。

現地に行かれたことのある方はわかるかと思いますが、日本のような品質管理が徹底されるような土壌がなく、環境も整っていません。

そもそも、検針器の存在も、検針するという発想もないのではないかと思います。

今でも、エジプトに行った時などに衣装を直接購入したり、大量販売しているところから購入する場合などには、針がそのまま残っている可能性が高いため、ご注意ください。